3月3日はサムギョプサルの日 由来や韓国のイベントを紹介します !

金豚亭《クムテジ亭》ブログへお越しいただきありがとうございます。

金豚亭は、山梨県甲府市にあるサムギョプサルが美味しい韓国料理店です。

気軽に「食べて」「飲んで」「楽しめる」韓国料理店を目指して豚ババと豚ジジ二人で日々精進しています。

さて、韓国料理といえば薬食同源がルーツ。

当店一番人気のサムギョプサルも、豚の三枚肉を野菜やキムチ、ご飯など様々な食材と一緒食べるバランスの良い韓国式焼肉料理です。

サムギョプサル(ハングル=삼겹살)の삼は数字の3、겹は層、살はお肉の意味になります。

ところで、日本にもいろいろな記念日があるように韓国にも記念日があります。

このサムギョプサルにもちゃんと記念日があるのをご存知ですか ?

日本で記念日の過ごし方といえば、買い物や食事が一般的です。韓国ではどのようにこの記念日を過ごしているのでしょうか ?

今回は、3月3日サムギョプサルの日(삼겹살데이)の由来や韓国で行われているイベントについて調べてみることにしました。

 

サムギョプサルの日の由来や起源

突然ですが、豚ジジの誕生日は11月29日。日本では「いい肉の日」ですよね。

この「サムギョプサルの日」もゴロ合わせで3が連なる3月3日をサムギョプサルの日としています。

サムギョプサルの日は、京畿道(キョンギド・경기도)坡州市(パジュシ・파주시)※1 にある畜産共同組合が2003年に制定した記念日になります。

 

サムギョプサルの日の由来

記念日が制定された2000年前後は、日本、韓国をはじめ中国、台湾、イギリスなど多くの国々で口蹄疫が発生していました。

2002年には韓国の京畿道、忠清北道(충청북도)で口蹄疫が発生し16万頭弱の豚を殺処分するという大きな被害を出しています。

そのため、養豚農家の所得向上や豚肉の消費拡大のため制定されたのがこの記念日の由来と言われています。

※1 京畿道坡州市 : 韓国の北西部に位置し、北朝鮮との非武装地帯に接する唯一の市。豚ジジにとっては、おいしいウナギを食べた思い出の場所です。2000年に牛の口蹄疫が発見されました。

 

韓国で行われるサムギョプサルの日のイベント

それでは、韓国におけるサムギョプサルの日のイベントを紹介しましょう。

と意気込んで調査を始めたところまではよかったのですが…..。

韓国在住の豚ババの弟に聞いても「….. ?」。さらにお母さんに聞いても「….. ?」。

「もしやっ !」 と思い子豚(娘)に聞いても「ハッハッハッ。…. 知らねぇ~」と一蹴されました。

豚ババも韓国のサイトを一生懸命ググりました。

けれど、焼肉店で粗品プレゼントなどの記事には行き付くものの、ここで耳寄り情報としてお知らせするようなイベントにたどり着くことができませんでした(汗)。

かつては、お肉の安売り競争で大手スーパーのダンピング事件まで報道されたこの記念日。

現在は当時ほどの盛り上がりはないということでしょうか。

やはり4日に一度はサムギョプサルを食べるといわれるお国柄。

イベントを開催しなくても、「毎日が記念日」といった状況なのかも知れませんね ?

というより、そうゆうことにしてください(笑)。

それでも金豚亭はイベント開催 !

今回は、3月3日に行われる韓国の記念日「サムギョプサルの日」についてご紹介しました。

結果については多くを語りません…..。

けれど、せっかくの「サムギョプサルデー」です。

3月3日には大切な人やご家族と美味しいサムギョプサルを楽しんでいただければ嬉しいです。

なので、金豚亭では記念日に合わせたイベントを企画したいと思っています。

内容は、後日詳しくお知らせします。楽しみにしていてください。

寒くなりました。お体には十分ご留意いただきご活躍くださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA