ククスとは ? 韓国夏の風物詩 「ヨルムククス」「コングクス」の紹介をします

金豚亭《クムテジ亭》ブログへお越しいただきありがとうございます。

金豚亭は、甲府市上石田にあるサムギョプサルが美味しい韓国料理店です。

お店の目標は、気軽に「食べて」「飲んで」「楽しめる」韓国料理店の実現。

一人でも多くの皆さまに韓国料理の美味しさをお伝えできればと思っています。

さて、最近は夏日が多くなり暑さに弱い豚ジジにはつらい季節になってきました(笑)

きっとお客様の中にも夏が苦手で、暑くなると食欲が落ちるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな暑い夏。

韓国では、夏バテ防止や食欲が落ちた時に食べる夏の風物詩となっている料理があります。

その中のひとつがククス(국수)です。

今回は、韓国夏の定番料理、冷製ククス(국수)をランチメニューに加えることにしたので紹介します。

 

   

ククス(국수)とは

韓国語でククスとは、麺料理全般を指します。

なので、使っている麺はお店によってまちまちです。

もちろん調理方法も温麺、冷製スープ麺、汁なし麺など様々です。

日本でお馴染みのククスと言えば、日本のうどんに似たカルグクス(温麺)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

こちらのククスは、明洞の人気店「明洞餃子」のカルグクス(칼국수)です。昨年韓国に行った際に食べた時の写真です.

鶏スープでワンタンなどの具材がのっています。

当時の値段は、₩9,000(現在のレートで約810円)でした。

一方金豚亭のククスは、素麺(読み=そうめん)をつかった冷製スープ麺です。

冷製スープのククスですが、韓国では明洞餃子さんを始め夏季限定で多くのお店で食べることができます。

そうです。

日本でいうと「冷やし中華始めました!」みたいな感じですね…(?)

 

冷製ククス(국수)をランチで

この夏金豚亭でお出しする、冷製スープのククス(素麺)は2種類あります。

どちらも韓国では、ポピュラーな季節料理。

豚ババおすすめの一品です。

素麺だけではチョット物足りないという方には「ククス+キンパ(ハーフ)」のセットメニューもご用意しています。

それでは、2種類のククスを紹介しましょう。

 

ヨルムククス(열무국수)

まずひとつめの冷製素麺 ヨルムククス(열무국수)です。

ヨルムククスのヨルム(열무)とは、大根の若芽のことです。

キムチにしたヨルムを使うので、ヨルムキムチククスと言った方が、ややこしいですが正確な表現だと思っています(笑)

スープには、ヨルムキムチのヤンニョム(薬味)を使います。

甘酸っぱいスープとヨルムキムチのシャキシャキ感が食欲を誘う一品です。

■ 冷製大根キムチ素麺(ヨルムククス)のセット ・・・・・ ¥880(税抜)・キンパ(ハーフ付)

■ 冷製大根キムチ素麺(ヨルムククス)単品 ・・・・・ ¥740(税抜)

 

コングクス(콩국수)

次にコングクス(콩국수)の紹介です。

コングクスのコン(콩)とは、韓国語で豆のことを意味します。

金豚亭のコングクスは、香ばしい豆の風味と濃厚スープが特徴の大豆スープの冷製素麺です。

韓国では、夏バテ防止に最適とされています。

コングクスもキンパ(ハーフ)とセットのメニューでご利用いただけます。

■ 冷製大豆素麺(コングクス)のセット ・・・・・ ¥880(税抜)・キンパ(ハーフ付)

■ 冷製大豆素麺(コングクス)単品 ・・・・・ ¥740(税抜)

夏季限定の冷製素麺2種。

興味がある方は、ぜひ召し上がってみてください。

※ メニュー、価格は投稿当日のものです。予告なく変更する場合があります。最新の情報は、店頭またはホームページでご確認ください。

 

韓国本場の味をお届けします

今回は、韓国の夏の風物詩、ヨルムククス(열무국수)とコングクス(콩국수)の紹介をしました。

もちろん。定番のランチメニューも継続してお召し上がりいただけます。

こちらもご利用ください。

参考:サムギョプサルやヤンニョムチキンなど、本場韓国の味をランチでどうぞ !

金豚亭では、今後も気軽にお越しいただける韓国料理店を目指して様々な取り組みにチャレンジしていきたいと思っています。

お客様のご意見、ご要望は大歓迎です。

ご意見・ご要望がございましたら、お気軽にお申し付けください。

いただいたご意見・ご要望は、真剣に検討していきます。

皆様のお越しをお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA