ブテチゲの由来と金豚亭のブテチゲのご紹介

金豚亭のスタッフブログにお越しいただきありがとうございます。

金豚亭は、甲府市上石田にある美味しいサムギョプサルのお店です。もちろんサムギョプサルのほかにも、韓国家庭料理、屋台料理、居酒屋料理など本格的な韓国料理を気軽に楽しんでいただけます。

早いもので、金豚亭も来週には開店から一か月を迎えます。これもひとえにご来店いただいた皆様のお陰です。

多くの皆様にご来店いただけましたこと、この場をお借りして心からお礼申し上げます。

特にグランドオープンを記念してメニューに取り入れた、オープニングスペシャルセットは、3週間ほどで100食以上を食していただきました。

お客様の「おいしかった」の一言や激励のお言葉が、豚ジジ、豚ババにとって何よりの励みになりました。

今後も皆様にご満足いただけるお店づくりを目指して、豚ババ、豚ジジ力を合わせて取り組んでいきます。今後とも金豚亭をよろしくお願いいたします。

 

ブテチゲとは

さて、ここのところ朝夕だいぶ冷え込んできましたね。そろそろ鍋が恋しい季節です。

ご存知のように韓国には様々な鍋料理があります。その中でもポピュラーな鍋としてブテチゲが有名です。

ブテチゲの由来には諸説ありますが、朝鮮戦争当時の物資不足の折、米軍から流失した食材に唐辛子やキムチの辛いスープでつくったチゲのことといわれています。

ブテ(부대)=部隊、チゲ(찌개)=鍋の意味になります。

豚ジジもかなり前(25年以上)の話になりますが、初めて韓国のシンサドンという町でブテチゲを食べた際、ソーセージやスパムと言った欧米の食品と唐辛子、キムチとのベストマッチに驚いたのを覚えています。

ブテチゲ(部隊鍋)は、今でも韓国の大衆料理として人気です。韓国へ行った際にはぜひ本場の味を味わってみてください。

 

金豚亭のブテチゲ

このブテチゲですが、金豚亭の名物のひとつにもなっています。

写真は二人前ですが、豚肉やスパム、ソーセージ、トッポギ、春雨、各種野菜、豆腐、エノキ、チーズ、韓国ラーメンなどなど、様々な具材が入っていてボリューム満点です。

ピリ辛仕上げなので、からだの芯まで温まっていただくことができる一品です。

まさにこれからの時期にピッタリですね。

上は料理前の写真ですが、これを煮込むと下のようになります。まさに韓国とアメリカの合作といった感じになります。

ご注文は二人前様から承ります。金豚亭へご来店の際には、ぜひ一度召し上げってみてください。

 

 

ブテチゲのお値段は一人前990円(税込)です。もちろんもっと食べたい具材があれば、単品で追加していただくことも可能です。

この冬は、金豚亭で気軽に本場韓国料理を召し上がって、心も体もポッカポッカに温まってください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

朝夕だいぶ冷え込みが強くなりました。お体にはくれぐれもご留意いただきご活躍ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA