発売160日で2億本を販売した韓国ビールTERRAご用意しました

金豚亭《クムテジ亭》ブログへお越しいただきありがとうございます。

金豚亭は、甲府市上石田にあるサムギョプサルが美味しい韓国料理店です。

お店の目標は、気軽に「食べて」「飲んで」「楽しめる」韓国料理店の実現。

一人でも多くの皆様に韓国料理の美味しさをお伝えできればと思っています。

さて、皆さんは韓国ビールを飲むことがありますか。

当店にご来店いただくお客様や韓国に出かける方とお話すると、韓国ビールを飲むという方が意外と多い気がします。

豚ジジも韓国に出かけた際には、毎食必ず  Cass ( 카스 / カス)か hite ( 하이트 / ハイト)を飲んでいます(笑)

なのでお店で出す韓国ビールはCassとhiteに決めていました。

ところが昨年末、韓国食材の業者さんから「ハイトの輸入が終了します」と連絡を受けました。

「在庫があるので、当分の間納入できます」とのことで安心していました。

けれど、先週注文を入れたところ、すでに在庫切れで販売が終了していました(涙)

正直ショックでした。

今後韓国ビールのラインナップをどうしたらいいのか色々悩みました。

結果ハイトの代替品として昨年発売されたテラをメニューに加えることにしました。

今回は、ハイト輸入終了に伴う代替品テラの紹介をします。

 

   

TERRA(테라/テラ)とは

上の写真が昨年3月ハイト眞露から発売されたTERRA(테라/テラ)です。

オーストラリア産の麦芽100%でつくった、清涼感のあるビールです。

豚ジジが昨年韓国へ行った際には、どの飲食店にもこのテラのポスターが貼ってありました。

それもそのはず発売以来わずか160日で2億本を販売するなど、今韓国で快進撃を続けているビールのようです。

なので、最近韓国へ渡航された方なら「アレッ!もう飲んだっ!」という方もいらっしゃるかも知れませんね。

韓国ビールの雄といえばカスですが、昨年9月メリーズ綜合金融証券が実施した韓国の主要地域のレストランの酒類シェア調査では、テラのビール市場シェアがカスを上回ったそうです。

韓国ではこの競争をカスとテラによる「カス(Cass)テラ(TERRA)戦争」と呼びます。

韓国の熱いビール競争。金豚亭で飲み比べていただければ嬉しいです。

金豚亭で「カステラ戦争」勃発か ?

今回は、hiteビール輸入中止に伴う代替品TERRAの紹介をしました。

このお知らせを書いていてふと思い出しました。

豚ジジがお酒を飲めるようになったころ、みんなが飲むビールといえばキリンビールでした。

けれど、1987年にアサヒビールが「スーパードライ」を発売すると状況が一変。

他社も類似商品を発売して「ドライ戦争」と呼ばれる競争が始まりました。

メーカーにとっては、死活問題なので大変だと思います。

けれど我々消費者にとっては、業界が切磋琢磨してビールの味が向上してくれればうれしいですよね。

この両者による「カステラ」戦争。金豚亭でも起こるのか注視していきたいです。

今回紹介したTERRA(테라/テラ)ですが、この連休からお出しできる予定です。

ぜひご賞味ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA